●よる森のSolo(ソロ)コース

Polish_20210413_171036400.jpg

 

※現在「よる森のSolo」はお休み中です。ご興味ある方は「お問い合わせ」よりご連絡ください。 

 自分と本気で向き合いたいなら「夜の森」

 皆さんこんばんは

 Pulsate(パルセイト)代表の澤田智茂と申します。

あなたは「夜の森」をひとりきりで過ごしたことがありますか?私は何度か経験がありますが、一番印象に残っているひとりきりの夜は、アメリカのサウスダコタ州(それどこ?)のベア・ビュート(本当にどこ?)で過ごした夜です。サウスダコタ州とはアメリカ中央平原にある州でベアビュートはそこに暮らすアメリカ先住民(インディアン・ラコタ族)の聖地です。・・・私は26才の時、仕事のストレスからパニック障害を発症し、その後症状がおさまることはなく27才で退職しました。何も出来なくなった私は人を避け、家の近くにある大きな公園に出かけて一日時間をつぶしていました。そこで自然の中にいると何だか心が元気になることを発見し「自然の力」に興味を持った私は「環境教育」を学び始めました。そこからいろいろなご縁があり、先ほどのアメリカ先住民の方々と出会う機会に恵まれました。自分の「生き方」に迷っていた私は、彼らの「自分の生きるミッションを見つける」儀式「ハンブレチア」に参加することが許され、聖地ベア・ビュートに二晩山籠もりしたのです。そこでの「ひとりきりで夜を越える」という経験が私の人生を変えてくれました。儀式の中で気づいた「自分の存在価値」や「ひとりきりになるチカラ」が今の活動や私の私生活の土台になっています。私たちが「本当の自分の声」を聴くためには様々な「しがらみ」から一度離れる必要があるようです。それに最も適した空間が「夜の森」だと思います。あなたがもし「一度、自分とちゃんと向き合ってみたい」と感じているなら「よる森のSolo」に是非お越しください。

 

参加ご希望の方はメニューの【お問い合わせ・ワークお申込み】からお申込みください

 ※スマホでご覧の方は下へ↓へスクロール

ラコタ3.jpeg

●こんな方が「よる森のSolo」に向いています。

■誰にも邪魔されず自分と向き合いたい。

自分の本当の気持ちを確認したい。

■自分の「生き方」について考えたい。

■「挑戦」する機会を作りたい。

■夜の森をSolo(ひとりきり)で過ごしてみたい。

 

私たちの日常は「情報」と「人間関係」に溢れています。どちらとも日常生活を送る上ではとても大切なものですが、「過多」になると自分を見失う恐れがあります。日々のSNSのやり取り、他者や空気を読まなければいけない人間関係の中で、私たちのアタマとココロの矢印は全て「他事」や「他者」に向いています。この日常の中で自分自身の気持ちを確認したり、自分を大切にすることは至難の業です。人間は自分を粗雑に扱い、自分の気持ちを無視し続けると「自己肯定感」が下がって行きます。肯定感が下がると「どうせ私なんて」「私に存在価値なんかない」「私は何もできない」というような気持ちが生まれ、ひどい場合には心身症になったりします。これはとても辛く、大変な日常です。ではそうならないためにどうすればいいのでしょう。それは「自分だけの時間と空間」を作ることです。自分自身を本当に大切にしたいなら物理的に「情報」と「人間関係」から一度離れ、心身を「自由」にする必要があります。「自分を大切にする」ということは自分の本当の気持ちに気づくことです。周りの「情報」や「しがらみ」に流されることなく、いま自分が本当に想い、感じていることに耳を傾けてみる。それが自分を大切にし、自己肯定感を育む行為です。その「自分を大切にする」ために最も適した環境が「夜の森」です。私は先にもお話したようにアメリカの山の中で二晩「ひとりきり」で過ごしました。不安や怖い気持ちもありましたが、それ以上に「自由」を感じ「自分自身」とゆっくり、しっかり向き合うことが出来ました。そして「きっとこんな時間や環境が今の日本人には必要だ」と山の中で強く感じました。そこから生まれたプログラムが「よる森のSolo」です。これは単に「ひとりで夜の森で過ごしましょう」というリクリエーションではなく、自分とちゃんと語り合い、自分の気持ちに気づくために考えられたプログラムです。

 

参加ご希望の方はメニューの【お問い合わせ・ワークお申込み】からお申込みください

 ※スマホでご覧の方は下へ↓へスクロール

IMG_20210428_114619_resized_20210428_114640131[425].jpg

 ●「よる森のSolo」の主なプログラム内容

 

「森のリズム」とチューニング(調和)するワーク

*私たちは日頃「人間リズム」で生きています。これは「森のリズム」と比べると画一的でセカセカとしたリズムです。そのまま森に入っても気持ちが落ち着かず、自分自身と語り合う雰囲気にはならないため、まずは「リズム」を合わせるためのワークを行います。

 

自分が夜を越える「スポット」と出合うワーク

*森とリズムが合い始めると今まで気づかなかった森の変化や動きに気づきはじめます。この状態になって森を移動し始めるとあなただけの「パワースポット」のような場所に巡り合うことがあります。もしその場所が見つかれば、そこはあなたが一晩を過ごす「マイスポット」です。「マイスッポト」と出合うために森の歩き方などのトレーニングを行います。

 

「よる森」を過ごすための「掟(おきて)」

*「夜の森」を一晩越えるためにはいろいろなコツや約束事があります。安全に安心して夜を過ごすためにも「夜森の掟」を学んでいただきます。

 

■スポットに「結界」を張る方法

*「夜森の掟」の中で最も大切な「結界」についてのノウハウお伝えします。

 

■「よる森」からの帰還

*朝になって合図が出たらそれぞれが各自でベースキャンプに「帰還」します。「帰還」にも手順があるのでそれをお伝えします。

 

■体験シェアタイム

*自分が一晩の間に体験したこと、気持ちの変化や気づきなどを全員で分かち合う時間です。

 

参加ご希望の方はメニューの【お問い合わせ・ワークお申込み】からお申込みください

 ※スマホでご覧の方は下へ↓へスクロール

IMG_20191207_165546[426].jpg

 ●よる森のSoloコース詳細

 

■開催日時 未定です。

 

■開催場所 

(決定次第お知らせします)

 

■募集人数 10名(アウトドア初心者でも大丈夫です)

 

■申込方法

 メニューの「お問い合わせ・ワークお申込み」を開き、本文に「よる森 参加希望」と入力して送信してください。こちらより改めてメールにてご連絡させていただきます。

 

■受講料 68000円(税込)

 

*会場の詳細や持ち物などについてはお申込みいただいた方にご連絡致します。