●「森林ココロの充電法」とは*プログラムが生まれるまでの物語

ラコタ5.jpeg

26才の時仕事のストレスをから心が不安定になる神経症を発症しました。その後症状がおさまることはなく、通勤さえも出来なくなり27才で退職しました。何も出来なくなった私は時間を持て余していたので、家から自転車で行ける大きな公園に出かけて一日を過ごしていました。ベンチに座って木漏れ日のなか風に吹かれていると、何だか少し元気が充電されたような気がしました。(今になって考えてみるとそれが心身にとって良かったようです)そんな体験から「自然の力」に興味を持ち「環境教育」という分野で自然や人間の関係性について学び始めました。それから2年後、様々なご縁もあり自然と共に生きてきたアメリカ先住民(インディアン・ラコタ族)の方々と出会う機会に恵まれました。彼らと交流を深める間に「自らの生きる道を見つけるための儀式」である「ハンブレチア」に参加することが許されました。その儀式は真夏に飲まず食わずで彼らの聖地である岩山に二晩こもるというとても過酷なものでした。日中は40℃を超える暑さで、直射日光は肌を焼き体から水分を奪います。夜は気温がぐんと下がりガタガタ震えながら朝日が出るのを待ちました。白昼夢を見るようになり何が現実で何が幻覚なのかわからなくなる非常に厳しい状態で、何度も逃げ出したい気持ちになりましたが、セレモニーリーダーから「やるなら4回やりなさい。4回やればわかるから」と言われた言葉を信じて毎夏アメリカに通いました。そして何とか4度のセレモニーを終えることが出来た私は、セレモニーリーダーが言った通り「わかったこと」がありました。

 ラコタ4 (2).jpeg

はこの儀式を終えて2つ「わかったこと」がありました。1つめは「自分の中に全てのチカラは備わっている」ということです。その頃の私は「何かが出来るようにならなければ認めてもられない」や「自分の心をもっと強くする方法を知らなければならない」と思って、外の世界に答えを求めてもがいていました。しかし儀式の中で命の危機を感じ、自分の命と向き合うことで「自分の命はここにある!」という実感を得ました。そしてその経験のおかげで「人は生きていることに価値がある!」「生きて『存在』していることで全て備わっているんだ!」という考え方にたどり着くことができたのです。 そうなのです。人は何かが「出来る・出来ない」や能力が「高い・低い」などではなく、命がそこに「存在」することに価値があるのです。だから私たちはそこに「存在」することで、もうすでに「全てが備わっている」のです。そして私たちはそこをスタートラインとして生き方を考えればいいのです。そんな当たり前だけど、とても大切なことに気づけました。

 ラコタ3.jpeg

して2つめは「人はひとりきりになって自然の中に居ると元気になる」ということです。私は儀式が始まり山の中で最初に感じたことは不安や恐怖ではなく「自由」でした。様々な悩みがある日本の日常から遠く離れ、人の目が気になり、気を使い過ぎることで神経症になった私にとって、大自然の中でひとりきりになれる経験は底知れぬ「自由」を感じさせました。満天の星空や甘い風の香り、猛烈なスコールと雷、そして湖面がキラキラと輝く新しい朝。五感の全てで自然を受け入れた時、大地からコードが伸びて心に充電されているように感じました。それは「自然」という大仕掛けと「ひとりきり」というとても小さな仕掛けが掛け合わさって生まれた神秘的な出来事でした。そして私はその「自然」×「ひとりきり」の仕掛けで心が元気になり、次へのステップへと進むことが出来たのです。

 ラコタ2.jpeg

の儀式を通して「わかった」2つことは私の人生を変えてくれました。自然の中で「ココロを充電する方法」を知った私は、日本に帰ってからも大きな公園や郊外の自然に出向き「ひとりきり」になるSolo(ソロ)の時間を持つようになりました。それは日常の複雑な人間関係や悩みから自分自身を一度解放させ、アタマとココロをスッキリと整理させてくれる貴重な時間です。そして何よりその時間は心身を元気にし、生きて行くためのエネルギーを補給してくれるのです。私は今でも人に気を使います。周りの目や評価も気になります。神経症も時々顔を出します。でも、人に気を使えることも、周りの状況を察知できることも、神経症という体験も自分に備わっている「チカラ」です。この「チカラ」は今の私の仕事や生活に大いに役立っています。ただこの「チカラ」には「エネルギー」が必要です。(私の「チカラ」はとても燃費が悪いので)だから私は適度に「チカラ」を使いながら、適度に「チカラ」を補給する生活を続けています。そして私と同じように人間関係で疲れ、社会で何となく生きづらさを感じている人に、近くの公園や自然に出かけて一人で出来る「エネルギーの補給方法(ココロの充電法)」をお伝えしたいと考えています。私はアメリカで死にそうになりながら体得しましたが(W)そんな苦労をしなくても誰でもが出来るように体験型のプログラムという形にしました。それが【森林ココロの充電法】です。この充電法には初心者向けの「ひる森のSolo(ソロ)コース」と上級者向けの「よる森のSolo(ソロ)コース」があります。初めての方はまず「ひる森のSoloコース」に参加してみてください。一緒にゆっくりと森の中を散歩しましょう。では森の中でお待ちしております。   

Pulsate 代表 澤田智茂


※写真は全てアメリカで撮影したものです。山の写真は儀式が行われる「ベアビュート」